カテゴリー別アーカイブ: 4_PEEK樹脂

ドイツ製最高峰エンドミルのご紹介Hufschmied社(フーシュミッド)

 

ドイツのHufschmied 社 では、25年以上に渡って優れたエンドミルを開発・販売しています。主に、以下の素材向け切削工具を取り扱っています。ドイツ国内では最高峰のエンドミルとして、自動車、重工業、医療向けにおいて多く採用されています。

【対象素材】

・スチール、アルミ、チタンなどの金属
・グラファイトやセラミック
・プラスチック(PEEKやPPSなど)
・強化プラスチック(炭素繊維配合PEEK、ガラス繊維配合PA66など)
・コンポジット(PEEKコンポジット、PPSコンポジット)

Hufschmied社からのサービスとして以下をご提供しております。

【特徴】

・500種類以上のエンドミルをご用意
・25年の経験と実績から切削素材と形状にあわせて最適なエンドミルを選定
・採用前にお客様の素材をドイツにて切削・サンプル評価
(※ 必要に応じて実施しております。対象切削素材により進め方が異なります。)

特に難切削加工性のコンポジット素材では豊富な実績がありますので、これまでコンポジット素材の切削を断念、失敗したケースでも、こちらのドイツ製最高峰エンドミルであれば対応可能です。
もちろんエンズィンガーの炭素繊維コンポジットTECATECとの相性も抜群です。

TECATEC MT
エンズィンガーのコンポジット板材

以下のURLから切削動画をご確認いただけます。

【コンポジット切削動画URL】
https://www.youtube.com/watch?v=IHbVu1gyfVA

関連リンク:Hufschmied社
https://www.hufschmied-tools.com/en/hufschmied-products/composites/

日本国内において、 代理店として株式会社GSIクレオス社が担当されています。
エンドミルのご質問、お見積依頼、サンプル依頼については以下のリンクより直接お問い合わせください。

【関連URL】

新技術:ニアネットシェイプ炭素繊維コンポジットCFRPのご紹介

コンポジットのお見積・ご質問・ご相談については以下からお気軽にお問い合わせください。

box_c3_f2 box_c1 

新技術:ニアネットシェイプ炭素繊維コンポジットCFRPのご紹介

 

エンズィンガーではこれまで、PAEKのコンポジットとしてTECATEC素材(PEEKおよびPEKK使用)を板材のみで提供してきましたが、この度、3次元形状での提供(ニアネットシェイプ)が可能となりました。
ニアネットシェイプとは最終部品(ネットシェイプ)に近い形状のことをいいます。従来の板材に比べて以下のメリットがあります。

【メリット】

・お客様からの図面をもとに金型を作製し、カスタムにて成形可能。
・肉厚を任意に設定可能。目的の強度に応じて調整可能。
・ニアネットシェイプにより、切削部分を少なくすることが可能。
・それによりバリ(表面剥離)、デラミネーション(層間剥離)のリスクが低下
・切削時間の短縮、刃物の摩耗を抑えることでコスト低下を実現
・金属インサートに対応


TECATEC MT
板材
TECATEC MT
新技術:ニアネットシェイプ

板材では50mm厚程度が限界でしたが、ニアネットシェイプの技術であればそれ以上の厚みに対応することができます。

以下の情報をご連絡いただければ、試作へ進むことができます。

【必要な情報】

・3次元形状(最終的に図面が必要になります)
・サイズ、個数、コスト
・プラスチック素材の指定(例:PEEK, PEKK, PPS, PEIなど他6種類)
・ファイバーの指定(カーボンファイバー or ガラスファイバー)
・プリプレグの指定(平織りor UD)

詳細について以下のURLからご確認いただけます。

【関連URL】

・エンズィンガーのコンポジット(英語版)(日本語版
・ニュース:コンポジット切削加工店Moll社を買収(英語)
ドイツ製最高品質エンドミルのご紹介Hufschmied社(フーシュミッド)

お見積・ご質問・ご相談については以下からお気軽にお問い合わせください。

box_c3_f2box_c1

耐摩耗性を改善したCMPリテーナリング用新素材


 

プレスリリース

web_Ensinger_retainer-ring_machining.jpg

切削加工用プラスチック素材の販売を行うエンズィンガージャパン株式会社(本社:東京都江戸川区、社長:クラウス・エンズィンガー)は、CMPリテーナリング用の二種類の高機能プラスチック素材を新発売いたします。

先週台湾で開催されたSEMICON Taiwan 2013(9月4~6日)にて、先行して新製品のTECATRON CMPとTECAPEEK CMPを紹介いたしました。これらの新製品は、シリコンウエハの前処理工程の中で重要なプロセスの一つである化学機械研磨処理(CMP)のリテーナリング用に特別開発した製品です。同用途は、機械的強度と安定した摩耗特性、各種のスラリーに対する耐薬品性など高機能な特性が要求されます。

新しいポリフェニレンサルファイド(PPS)製のTECATRON CMPは、弊社従来製品よりも高い耐摩耗性を示します。スラリーなどに対する優れた耐薬品性と改善した摺動特性 との相乗効果により、リテーナリングの部品寿命が延び、交換頻度を少なくすることができます。

タングステンなどのCMP処理では研磨条件が厳しく、PPS製に替わってPEEK製のTECAPEEK CMPが最適です。この新製品は、PEEK樹脂の延性と寸法安定性に加えて、耐摩耗性も多いに改善しています。高いレベルの耐薬品性、機械特性の向上、摺動特性の改善の相乗効果により、リテーナリングの部品寿命を大きく向上させることができます。

これらの新製品は、切削加工性も多いに改善され、加工時間の短縮が可能です。またバリの発生量も従来品に比べて少なく、生産性の改善に寄与します。

新製品は、エンズィンガー・ドイツ本社(ニュフリンゲン)にて、CMPリテーナリングに最適な内外径と公差を有したチューブ形状で押出成形され、在庫されます。

エンズィンガー・ドイツ本社工場は、ISO 9001:2008品質マネジメントシステムを取得し、世界標準の品質管理体制が整っています。半導体むけ製品の製造には特に細心の注意を必要とします。弊社工場では、すべての原材料から各製造工程に至るまで文書管理とトレーサビリティの確保を徹底しています。

エンズィンガー・グループは、コンパウンド・ペレット、切削加工用プラスチック素材、異形押出成形品、ナイロン・キャスト成形、切削加工および射出成形を通して、エンジニアリング・プラスチックとスーパー・エンジニアリング・プラスチックによるプラスチック部品の開発、製造及び販売に従事している。 ドイツ国内3箇所、世界27箇所に製造施設や販売拠点を持ち、すべての主要工業地域に製品を提供している従業員2,100人からなる非公開企業です。