カテゴリー別アーカイブ: 4_PEEK樹脂

耐摩耗性を改善したCMPリテーナリング用新素材

 

プレスリリース

web_Ensinger_retainer-ring_machining.jpg

切削加工用プラスチック素材の販売を行うエンズィンガージャパン株式会社(本社:東京都江戸川区、社長:クラウス・エンズィンガー)は、CMPリテーナリング用の二種類の高機能プラスチック素材を新発売いたします。

先週台湾で開催されたSEMICON Taiwan 2013(9月4~6日)にて、先行して新製品のTECATRON CMPとTECAPEEK CMPを紹介いたしました。これらの新製品は、シリコンウエハの前処理工程の中で重要なプロセスの一つである化学機械研磨処理(CMP)のリテーナリング用に特別開発した製品です。同用途は、機械的強度と安定した摩耗特性、各種のスラリーに対する耐薬品性など高機能な特性が要求されます。

新しいポリフェニレンサルファイド(PPS)製のTECATRON CMPは、弊社従来製品よりも高い耐摩耗性を示します。スラリーなどに対する優れた耐薬品性と改善した摺動特性 との相乗効果により、リテーナリングの部品寿命が延び、交換頻度を少なくすることができます。

タングステンなどのCMP処理では研磨条件が厳しく、PPS製に替わってPEEK製のTECAPEEK CMPが最適です。この新製品は、PEEK樹脂の延性と寸法安定性に加えて、耐摩耗性も多いに改善しています。高いレベルの耐薬品性、機械特性の向上、摺動特性の改善の相乗効果により、リテーナリングの部品寿命を大きく向上させることができます。

これらの新製品は、切削加工性も多いに改善され、加工時間の短縮が可能です。またバリの発生量も従来品に比べて少なく、生産性の改善に寄与します。

新製品は、エンズィンガー・ドイツ本社(ニュフリンゲン)にて、CMPリテーナリングに最適な内外径と公差を有したチューブ形状で押出成形され、在庫されます。

エンズィンガー・ドイツ本社工場は、ISO 9001:2008品質マネジメントシステムを取得し、世界標準の品質管理体制が整っています。半導体むけ製品の製造には特に細心の注意を必要とします。弊社工場では、すべての原材料から各製造工程に至るまで文書管理とトレーサビリティの確保を徹底しています。

エンズィンガー・グループは、コンパウンド・ペレット、切削加工用プラスチック素材、異形押出成形品、ナイロン・キャスト成形、切削加工および射出成形を通して、エンジニアリング・プラスチックとスーパー・エンジニアリング・プラスチックによるプラスチック部品の開発、製造及び販売に従事している。 ドイツ国内3箇所、世界27箇所に製造施設や販売拠点を持ち、すべての主要工業地域に製品を提供している従業員2,100人からなる非公開企業です。

食品生産におけるプラスチック異物混入対策にIDグレード

 

朝日新聞デジタル:ミスド、794個自主回収 横浜の店舗、機械片混入か – 社会
横浜市都筑区にある「ミスタードーナツ・センター南ショップ」を営む「岡田屋」(横浜市旭区)は、12日に同ショップで製造・販売したドーナツにプラスチック片が混入した可能性があり自主回収する、と13日発表した。 …
プラスチック片が、パンなどの生地に混入すると目視で発見することは極めて困難です。

食品工場では、食品製造に使用されるプラスチック器具類の破損による、食品への混入を防ぐために様々な対策を施していますが、主要な対策は依然として「定期的にプラスチック器具類を点検して異常が無いことを確認する」というレベルにとどまっています。

もし、プラスチック器具類に異常が見られた場合は、前回の正常であった製造ロット以降から異常が見られた製造ロットに至るまでの製品を回収対象とし、破棄する方法を採ります。しかし、この方法ですと、混入した製品が誤って出荷されてしまうリスクが残ります。また、必要以上に廃棄対象が多くなってしまい、廃棄コストも余計にかかります。

エンズィンガーは、食品製造において問題となるプラスチック異物の検出を容易にする、金属検出機対応グレード、IDグレードを3年ほどから日本で販売しています。当初は、ポリアセタール樹脂(POM)ベースのみでしたが、現在は、PEEK樹脂ベースと6ナイロンベースにバリエーションが増えました。

食品製造工場では、一般的に金属検出機が製造工程に導入されていることが多く、追加コスト無しで、プラスチック異物の混入を防止する仕組みを導入することができます。IDグレードは、摩耗に伴う摩耗粉のような極小のものでは検出できませんが、リンクの新聞記事のような15mm×5mmの大きさであれば、確実に検出できます。

金属検出機対応プラスチック異物混入防止用グレード

リーフレットは、以下のダウンロードボタンを押して表示されるサイトに必要事項をご記入くださいますと、PDFファイルをダウンロードできます。
11

お問い合わせは、以下のリンク先からお願いいたします。

お問い合わせフォーム

TECATEC™

 

 

非常に優れた機械強度と、幅広い温度環境での安定した寸法精度をもつTECATEC™は、炭素繊維織布を非常に多く充填した複合素材です。

Assortment-of-carbon-filled-target-guides.JPG

この新しい切削加工用複合素材は、束状にまとめられた炭素繊維を織った布状のものに、PEEKあるいはポリエーテルケトンケトン(PEKK)樹脂といった熱可塑性プラスチックをマトリックス樹脂(基材)として含浸させ、圧縮成形する、新しい製造ラインで生産されています。この二つの素材を組み合わせることにより、単純な繊維強化押出素材と比較すると、強度、弾性率を大幅に高めることができます。この軽量・高強度複合素材は、優れた耐薬品性とX線透過性を備えており、医療用途、特に整形外科、外科における使用に最適な素材です。

TECATEC.jpg

TECATEC™ PEEK CW50では、炭素繊維織布にVICTREX® PEEK™を含浸させて圧縮成形をしています。なお、この織布には特殊なコーティング処理がなされており、PEEK樹脂との親和性を高めて選りすぐれた機能を発揮するようにしています。さらに、炭素繊維を50%も含有していますので、非常に高いねじり剛性を備えています。

victrex.png

TECATEC™ PEKK CW60は、同様に炭素繊維にPEKK樹脂を含浸させて圧縮成形しています。PEKKはPEEKよりもガラス転移温度が165℃と20℃近く高いため、繰り返し実施するオートクレーブ滅菌サイクルに対する耐性に優れています。さらに、炭素繊維織布の含有量を60%まで高めることにより、理想的な寸法安定性と剛性を実現しています。

TECATEC™は、PEEKあるいはPEKKと炭素繊維織布を高いレベルで一体化させることに成功した素材です。従って、オートクレーブなどによる滅菌処理を複数回実施板後でも、非常にソリを生じにくく、高い寸法精度を保ちます。これにより、耐用年数の長い部品・装置を可能にします。

  • 優れた強度、高い弾性率
  • 熱膨張による寸法変化が少ない
  • 寸法精度が非常に優れる
  • 低い吸水性
  • 耐腐食性
  • 優れた耐薬品性
  • オートクレーブ(加熱加圧蒸気)滅菌処理に対する優れた耐性
  • 生体適合性(ISO 10993)を有し、生理学的に無害
  • 医療技術(整形外科、外科)
  • ターゲット・デバイス、ターゲッティング・アーム
  • 外部固定補助器具
  • 構造部品・ユニット

シリーズで公開している医療用プラスチック素材。こちらを一冊に情報を整理した冊子がございます。

11

画面の指示に従って、記入項目をご記入戴きますと、27ページからなる小冊子のPDFファイルをダウンロードできます。

医療用プラスチック素材の関連記事バックナンバー

  1. 医療用プラスチック素材#1: 概論
  2. 医療用プラスチック素材#2:用途例1
  3. 医療用プラスチック素材#3:用途例2
  4. 医療用プラスチック素材#4:用途例3
  5. X線造影グレード:XROシリーズ
  6. 医療用PEEKグレード
  7. (切削加工用)TECAPEEK CLASSIX™
  8. 抗菌グレード
  9. TECATEC™
  10. 医療用切削加工用素材の耐薬品性
  11. 医療用切削加工プラスチック素材の滅菌処理耐性
  12. 医療用切削加工プラスチック素材の品質保証
  13. 医療用切削加工プラスチック素材の規制項目
  14. 生体適合性とは何ですか?
  15. 切削加工用プラスチック素材に求められる生体適合性試験とは?
  16. インプラントとして使用可能ですか?
  17. MTグレード(医療用グレード)のトレーサビリティは?
  18. 製品に印字されているコード用インクの安全性は?