カテゴリー別アーカイブ: 21_耐熱性

3Dプリンター向け高機能フィラメントの販売開始

 

この度デュッセルドルフにて開催された世界最大のプラスチック展:K 2016にて3Dプリンター(アディティブ・マニュファクチャリング)向けフィラメントを発表いたしました。

成長著しいこの分野において、エンズィンガーはFFF方式向けフィラメントを提案いたします。長年にわたるエンズィンガーのプロファイル・チューブ異型押出技術と、様々なパートナーとのコラボレーションにより開発することができました。すでに市場で販売されているフィラメントと異なり、エンズィンガーは以下のような高耐熱・高機能樹脂素材を取り扱います。特に、PEEKフィラメント(一般工業用および医療用)をご提供できることになったことが、最大の特徴になります。

TECAPEEK natural (PEEK素材)
TECAPEEK MT natural (医療用PEEKグレード)
TECAPEEK CF30 black (強化PEEKグレード:30%炭素繊維配合)
・TECAPEI natural (PEI素材)
・TECASON P natural (PPSU素材)
・TECASON S natural (PSU素材)
・TECASON E natural (PES素材)
・TECAFLON PVDF natural (PVDF素材)
・TECAFORM AH SD natural (帯電防止POM素材)
・TECAMID 12 ELS black (導電性ナイロンPA12素材)
・TECABLEND ABS + PC (PC/ABS素材)

サイズは1.75mm, 2.85mmの2種類にて展開します。

dsc_0058

これらのフィラメントは、以下のドイツ2社の3Dプリンターにて使用することが可能です。フィラメントとあわせて3Dプリンターの購入を検討されるとのことでしたら、まずはその前にSTLファイルをいただければ、試作を行い物性や寸法精度などをご確認いただくことができます。 (お気軽にエンズィンガージャパンにお問い合わせください。)

Apium Additive Technologies GmbH(前 Indmatec GmbH社)
GEWO Feinmechanik GmbH

精密部品を作製する際は、3Dプリンターにて造型後、切削にて後加工する場合があります。
エンズィンガーの切削加工部門では、この切削に対応した新たな加工技術を開発しており、それにより低寸法公差の寸法安定性を実現することができます。

高機能フィラメントの詳細については下記よりお問い合わせください。

【カタログのダウンロード】
以下のダウンロードボタンよりPDFをご覧いただけます。

11

ご質問・ご相談についてお気軽にお問い合わせください。
box_c3_f2
box_c1 

(プレスリリース)食品加工用プラスチック素材の販売を強化 

 

TECAPEEK-TF10-blue.jpg

切削加工用樹脂素材の販売を行うエンズィンガージャパン株式会社(本社:東京都江戸川区、社長:トーマス・ウィルヘルム)は、食の安全要求が高まりを見せている日本の食品製造用途に求められている切削加工用プラスチック素材の販売を強化致します。

同社は、10月より優れた耐熱性、優れた耐スチーム性を有するPEEK樹脂に、PTFE樹脂を10%添加して摺動性を改善したグレードを食品製造用途で多用されている「青色」に着色した新製品、「TECAPEEK TF10 blue」を発売します。

同グレードは、PEEK樹脂としての高い特性に加え、滑り抵抗性、耐摩耗性を著しく改善します。切削加工用素材の提供は、直径20mm、30mm、40mm、60mmの4種類の丸棒の提供から始め、新発売に備えて日本国内に在庫を用意した、と同社代表のトーマス・ウィルヘルムは語っています。

なお、ヨーロッパ市場では、食品製造ラインの安全性を高めるために、より厳しい条件で消毒、殺菌、場合によっては滅菌処理を行うことがあり、耐熱性、耐スチーム性、耐薬品性に加えて良好な機械強度を有するPEEK樹脂が使用される場面が増えているといいます。

製品紹介: http://blog.ensinger.jp/archives/infobox/tecapeektf10

食品と接する素材への安全性についても、ヨーロッパ、アメリカ、日本でまちまちであり、全世界に素材を提供している知見をあまねく紹介した、小冊子の公開を10月から始めています。同小冊子には各地域の規制動向のみならず、移行性試験についての詳細な説明、エンズィンガー社のトレーサビリティに対する取り組み、樹脂素材の選択方法、食品製造業界におけるプラスチックの利用状況など、様々な情報がまとめられています。

食品製造機器メーカーが、国外に輸出する際に必要な、ヨーロッパの規格の認証を証明する書類、FDA認証を証明する書類などもエンズィンガージャパン株式会社が発行するサービスを提供しています。

食品用途におけるプラスチックの紹介:
http://www.ensinger.jp/use/food.html

【ポリイミド活用事例】熱ガラスの取扱い

 

013.jpg

飲料、医薬品、化粧品産業に使用されるガラスびん製造の生産効率の改善に、ポリイミドは大きく寄与しています。ポリイミドは、高い耐熱性に加えて、低い熱伝導率を有するため、ガラスビン加工で熱を帯びた製品の取り扱いに優れた特性を発揮します。エンズィンガー社のポリイミド、TECASINTは、熱い加工中のガラスびんの取り出し・口板の用途で、実績を積んでいます。消耗の激しい、取り出しの接触部分の運用コストを低減させ、同時に歩留まりの向上をもたらします。

019.jpg

Ensingerの非溶融ポリイミド、TECASINTは、優れた長期熱安定性を発揮します。たとえ480℃という高温に瞬間的にさらされても、溶けることはなく、大抵は室温の時より柔らかめになる程度です。さらに、連続して高温環境におかれても、特徴的な強度、寸法安定性やクリープ耐性を保持することができます。

ガラスびんの意匠性や精密性が求められる、香水びんや製薬ガラスびんを製造するラインでは、グラファイトを添加したTECASINT 2000, 3000, 4000シリーズのグレードが使用されています。これらのポリイミドが使用された部品は、非常に高温でガラス製品を回して外し、前方へ送るグリッパーに使用されます。理想的なグリッパーは、耐熱性に優れ、熱伝導が少なく(局所的にガラスびんを冷やさない)、摩耗・破損に対する耐性を有している必要があります。熱ガラスを取り扱う素材に課されるその他の重要な要件には、機械強度と最小限の油の吸収性があげられます。

011.jpg

グラファイトと比較した際のTECASINTのメリットは、第一に熱伝導率の低さを挙げることができます。熱いガラスがグリッパーで挟まれたとき、熱がガラスびんからグリッパーに移動してしまうと、局所的に冷やされて、熱衝撃が発生し、微細なクラックを発生しやすくなります。TECASINT 2032, 3032, 4121の熱伝導度は低いので、微細なクラックの発生を避けることが出来ます。第二に、摩擦/摩耗耐性が優れます。これにより、部品寿命を延長させることが可能となります。第三に、靱性が優れるため、熱ガラスを掴んだり、搬送する際のガラスびんの破損を低減させることが出来ます。最後に、TECASINTの低吸油性は、ガラス表面上に印刷マークが発生することを防ぐことが出来ます。これらの4つのメリットにより、グラファイトを使用するよりもTECASINTを使用することで、歩留まりを改善することができ、工程の休止時間を短縮することが出来るため、高い生産性を達成することができます。

TECASINTの切削加工性は非常に良好です。加えて、グラファイトを切削加工する際に発生する、黒鉛のダストを気にする必要もございませんので、加工機のメンテナンス頻度を低減でき、機械への負荷を減らすことも期待されます。

小量のグリッパーを製造する場合は、丸棒・板材から切削加工するのが最適です。まとまった数のグリッパーを製造する場合は、ダイレクト・フォーミングによる加工が最適です。ダイレクトフォーミングでは、先述したTECASINT 2032, 3032が使用されます。

ポリイミドの種類熱伝導度(W/(Km))

従来型ポリイミド0.35
TECASINT 1000 0.22
TECASINT 2000 0.22
TECASINT 4000 0.35-0.4

従来型のポリイミドよりも、弊社独自のポリイミド、TECASINT 1000、2000シリーズの方が、熱伝導度が低くなっています。

  • TECASINT 2031 black :ダイレクト・フォーミングの2032に相当する、丸棒・板材。グラファイト40%添加
  • TECASINT 4121 black:耐熱性・耐酸化性に優れたポリイミドに15%グラファイトを添加したもの。