製品に印字されているコード用インクの安全性は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Delicious にシェア
LinkedIn にシェア
Pocket

 

Question

製品表面に印字されているコード用インクにより、プラスチックの生理学的特性に影響が出ることはありませんか?

Answer

Ensinger社は、コードの印字に使用しているすべてのインクで、ISO 10993-5に基づく細胞毒性試験を実施しています。

印字されたMTグレードの試験片のすべてでISO 10993-5に適合した結果が得られ、生理学的に無害であることを確認しています。もちろん、印字インクによるプラスチックスへの化学的影響もありません。

シリーズで公開している医療用プラスチック素材。こちらを一冊に情報を整理した冊子がございます。

11

画面の指示に従って、記入項目をご記入戴きますと、27ページからなる小冊子のPDFファイルをダウンロードできます。

医療用プラスチック素材の関連記事バックナンバー

  1. 医療用プラスチック素材#1: 概論
  2. 医療用プラスチック素材#2:用途例1
  3. 医療用プラスチック素材#3:用途例2
  4. 医療用プラスチック素材#4:用途例3
  5. X線造影グレード:XROシリーズ
  6. 医療用PEEKグレード
  7. (切削加工用)TECAPEEK CLASSIX™
  8. 抗菌グレード
  9. TECATEC™
  10. 医療用切削加工用素材の耐薬品性
  11. 医療用切削加工プラスチック素材の滅菌処理耐性
  12. 医療用切削加工プラスチック素材の品質保証
  13. 医療用切削加工プラスチック素材の規制項目
  14. 生体適合性とは何ですか?
  15. 切削加工用プラスチック素材に求められる生体適合性試験とは?
  16. インプラントとして使用可能ですか?
  17. MTグレード(医療用グレード)のトレーサビリティは?
  18. 製品に印字されているコード用インクの安全性は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です