MTグレード(医療用グレード)のトレーサビリティは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Delicious にシェア
LinkedIn にシェア
Pocket

 

Question

Ensinger製MTグレードは、完全なトレーサビリティ(追跡調査)が可能なのでしょうか?

Answer

当社では、切削加工用の板・丸棒に印字されているコードシステムと、お客様からのご注文ごとに作成される「証明書」を利用して、すべての製品・プロセスに関するデータを把握し、文書に記録しています。これらを利用することにより、原材料にまで遡って追跡調査をすることができます。

万が一、何らかの問題が発生した場合でも、トレーサービリティシステムを利用して想定される問題の原因を素早く特定することが可能です。

シリーズで公開している医療用プラスチック素材。こちらを一冊に情報を整理した冊子がございます。

11

画面の指示に従って、記入項目をご記入戴きますと、27ページからなる小冊子のPDFファイルをダウンロードできます。

医療用プラスチック素材の関連記事バックナンバー

  1. 医療用プラスチック素材#1: 概論
  2. 医療用プラスチック素材#2:用途例1
  3. 医療用プラスチック素材#3:用途例2
  4. 医療用プラスチック素材#4:用途例3
  5. X線造影グレード:XROシリーズ
  6. 医療用PEEKグレード
  7. (切削加工用)TECAPEEK CLASSIX™
  8. 抗菌グレード
  9. TECATEC™
  10. 医療用切削加工用素材の耐薬品性
  11. 医療用切削加工プラスチック素材の滅菌処理耐性
  12. 医療用切削加工プラスチック素材の品質保証
  13. 医療用切削加工プラスチック素材の規制項目
  14. 生体適合性とは何ですか?
  15. 切削加工用プラスチック素材に求められる生体適合性試験とは?
  16. インプラントとして使用可能ですか?
  17. MTグレード(医療用グレード)のトレーサビリティは?
  18. 製品に印字されているコード用インクの安全性は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です