Victrex PEEK 450GとVictrex PEEK 450Pの違いを教えてください

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Delicious にシェア
LinkedIn にシェア
Pocket

 

 Question
Ensingerの押出成形PEEK素材:TECAPEEK naturalは、原料としてVictrex PEEK 450G、もしくはPEEK 450Pを使用していると聞きました。物性や性能など、細かな違いはありますか?

Answer
まず、PEEK原料のそれぞれの違いですが、以下のようになります。

Victrex
グレード
形状 語尾のアルファベットの意味
PEEK 450G ペレット(粒状) G:Granule
PEEK 450P パウダー(粉状) P:Powder

PEEK 450G(ペレット)はPEEK 450P(パウダー)を溶融して固めたものになります。

エンズィンガーではTECAPEEK naturalへ押出成形する際に、以下の2つの方法をとっています。自社にコンパウンド設備を所有しているため、方法2も可能としています。

  ステップ 1
(原料)
ステップ 2
(コンパウンド)
ステップ 3
(押出素材)
方法 1 PEEK 450P PEEK 450G
(Victrex社でコンパウンド)
TECAPEEK natural
方法 2 PEEK 450P PEEK 450G化
(Ensingerでコンパウンド) 
TECAPEEK natural

TECAPEEK naturalはフィラーを含まない標準グレードですので、ステップ 2においてVictrex社、Ensinger、どちらでコンパウンド(ペレット化)しても物性に違いは見られません。
(もし仮に強化繊維グレードにおいて上記のステップを踏んだ場合、ステップ 2のコンパウンドにおいてフィラーの繊維長や分散状態が異なるため、ステップ 3で補強効果や物性が異なってきます。フィラー無しのTECAPEEK naturalにおいてはそのような違いは出てきません。)

結論として以下になります。

・原料のVictrex PEEK 450G、PEEK 450Pの違いは形状のみ

・Victrex社、Ensinger、どちらのコンパウンド品を使用しても
 押出成形PEEK素材:TECAPEEK naturalに物性の違いは見られない。同一の素材。

これからも、エンズィンガーはビクトレックス社の高品質PEEK原料を使用して、安定の品質と供給体制でTECAPEEK naturalを提供していきます。

■ご参考URL ■
今年で生誕40年 PEEK樹脂 
エンズィンガーのTECAPEEK

各素材のサイズや、詳細の情報については以下のタブからご覧ください。
サイズ一覧カットサービス

ご質問・ご相談についてもお気軽にお問い合わせください。
box_c3_f2
box_c1 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です