新素材:炭素素繊維入りPEEK(3Dプリンター向けフィラメント)の販売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Delicious にシェア
LinkedIn にシェア
Pocket

 

これまで標準PEEKグレードをメインに展開してきましたが、この度、新たに炭素繊維強化PEEKグレード:TECAFIL PEEK 450 CF30 blackを上市しました。 3D造型での強度評価はまだ実施できておりませんが、材料の特性から見て以下の特性が期待できます。剛性と強度に優れたパーツの造形が可能となります。

標準
PEEK
炭素繊維
PEEK
引張強度100MPa260MPa
引張弾性率 3.7GPa 25GPa

※射出成形品での比較データになります。

TECAFIL PEEK 450 CF30 black
TECAFIL PEEKグレード
(標準、医療、CF30強化、LDS)

XY方向への繊維配向により、標準のPEEKフィラメントと比べて、ソリが低減させることもメリットになります。

PEEKの最高レベルの耐熱性と剛性に優れた材料により、開発の幅が広がります。

【PEEKフィラメントの造型について】

PEEKの融点は343℃と高く、数十秒の短時間で溶融させる必要があるため、
ホットエンド にて400℃以上で溶融させる必要があります。
PEEKを造形する方法として、

①市場で販売されているPEEK対応プリンター にて造型
(例:Apium, Intamsys等)

予算レベル:100万円~1000万円程度

Apium Additive Technologies GmbH
国内代理店:株式会社システムインナカゴミ

または、

②低価格FDMプリンターに高温対応ホットエンドを組み合わせて造型

予算レベル:30万円以下程度

になります。
②の方は低コストで手軽に導入できるメリットがあります。
高温ホットエンドのサンプルや簡易造型サービスについては、以下の3社で対応しております。


株式会社ヒットリサーチ
(ホットエンド開発・製造とPEEK造型サービス)

エーシック株式会社
(ホットエンド製造とサンプル販売:10万円程度)

株式会社アフィット
(ホットエンドと回路基盤のサンプルキット販売)

詳細については、直接各社へお問い合わせください。

PEEKフィラメントとサンプル造形のお問合せ先

お見積・ご質問・ご相談については以下からお気軽にお問い合わせください。

box_c3_f2 box_c1 

【関連記事】
3Dプリンター向け高機能フィラメントの販売開始
エンズィンガーのフィラメントページ(英語)(日本語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です