炭素繊維コンポジットメーカー:Next Composites社(スイス)を買収

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Delicious
Share on LinkedIn
Pocket

 

エンズィンガーはスイスの炭素繊維複合成形メーカーであるNext Composites GmbH社を買収しました。これまで、エンズィンガーはPEEKと炭素繊維の複合素材(コンポジット)を成形してまいりましたが、 今回のNext Composites社の買収により対応可能な技術が広がりました。

プラスチックと炭素繊維のコンポジットは、軽量化と強度が求められる以下のような使用用途に最適です。

・自動車
・医療 (整形外科の治具)
・メカニカルエンジニアリング
・その他スポーツグッズ(バイク部品、冬季スポーツの部品など)

高強度の炭素繊維とプラスチックの組み合わせにより、非常に優れた強度と靱性が発揮することができます。
熱硬性化性プラスチックと比べると、熱可塑性プラスチックは溶着やリサイクルが可能であり、また、耐薬品性や靱性が高い特徴があります。
通常、コンポジットの成形は少量生産のため、コストが上がる傾向にあります。
現在、次世代に向け、低コストを目標に自動生産の開発に取り組んでいます。

2017-05-15 Ensinger acquires Swiss composite specialist next composites 865

詳細については下記よりお問い合わせください。

問い合わせフォーム
電話番号:03-5878-1903

【関連情報】
【エンズィンガーの炭素繊維複合材料:TECATEC】
・非常に優れた強度の熱可塑性プラスチック複合素材
・圧縮成形グレード

TECATECAssortment-of-carbon-filled-target-guides

・Next Composites GmbH社

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です