新素材:プラスチック異物防止グレード(名称:UDグレード)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Delicious にシェア
LinkedIn にシェア
Pocket

 

ws000376

世界最大のプラスチック展:K 2016にて食品製造機械向け素材UDシリーズを発表しました。
これまで、エンズィンガーは食品機械用途向けに金属検出器対応グレードとしてIDグレードを販売してまいりました。今回のUDグレードは、金属検出器に反応する従来のIDグレードの機能に、X線検出の性能を追加したグレードになります。ちなみに、UDはUltra Detectableの意味になります。
プラスチックの異物混入防止のため、食品製造ラインに金属検出器とX線検査機が設置されるケースが多いですが、どちらの機械にも検出されるUDシリーズを用いることで、食の安全性をさらに向上させることができます。

エンズィンガーのUDシリーズの樹脂として、POM、PBT、PEEKの3種類をご用意しております。
丸棒・板にて販売いたします。

・TECAPEEK UD blue (PEEK素材)
・TECAFORM AH UD blue (POM素材)
・Hydex 4101 UD blue (PBT素材)

UDシリーズの使用例の一例として、上部写真のような高温・高湿下で使用されるスクレーパーブレードがあります。その他にも、パッケージングやリングなどの食品製造に関わる部分に使用することができます。

K 2016のUDシリーズ展示

UDシリーズの在庫・サイズや、ご相談などについては下記よりお問い合わせください。

ご質問・ご相談についてもお気軽にお問い合わせください。
box_c3_f2
box_c1 

【IDグレードの関連リンク】
金属検出機対応プラスチック異物混入防止用グレード

【ご参考画像】
K 2016のエンズィンガーブース風景dsc_0054

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です